鮒田発電所遺構

2018.12.21 見学

大里発電所からやって参りましたがもう暗くなりつつあったので写ってる
かなと思いつつ。デジカメって便利ですね、その場で確認出来るので。
放流口が見えてますが石がごろごろ。今年の度重なる水害でかな。
ネットでググッてたら'17年4月にはもっとまともに残ってたようで。

IMG_1909_20190115214507dfc.jpg

上流方向。遊歩道もしっかりしてますが、

IMG_1915.jpg

先はこんな感じ。まあ時間も時間なのでこちらも撤退。ここはそれ程
遠くない所に取水の遺構があるそうです。今度は明るいうちに来よう。

IMG_1917_2019011521450848d.jpg

この辺りうろついてるうちに気付いたのですが堤防やら陸閘やらが厳重で
台風被害がいかに酷かったかを感じさせられました。そういう意味でも
行ってみて良かった場所でした。

関西電力 大里発電所

2018.12.21 見学

翌日の講演会の予習にやって参りました大里発電所。手前の大里親水
公園はどうも17時から7時?まで閉鎖されるらしく16時半に着いた私は
大慌て。で、車で突き当たりまで行っても何もない。うろうろしてたら
遊歩道らしきものの手前にこんな看板。

IMG_1858_201901152129373fa.jpg

まさか車でアクセス出来ないとは思ってなかったので慌てて歩いて行くと
こんな橋が。

IMG_1859_201901152129385a1.jpg

発電は止まってるようで余水路から放流中。

IMG_1861.jpg

上から発電所建屋。

        IMG_1868_20190115212939577.jpg

        IMG_1869_20190115212940742.jpg

残念ながら上部水槽は見えませんね。時間的にこれだけ写ってるだけで
感激ものではあります。

        IMG_1870_20190115212940eec.jpg

IMG_1871_20190115213904752.jpg

従業員入口はこちら。左に行くと下に公園と上流に向かう遊歩道があります。

IMG_1873.jpg

公園に掲示されています画像。

IMG_1885.jpg

余水路を見上げます。

        IMG_1886_20190115213906735.jpg

川向き。

        IMG_1887.jpg

平成23年の台風で壊滅的な被害を受けたので架け替えられたらしいです。

IMG_1889_20190115213908057.jpg

遊歩道は建屋前を通り過ぎます。

IMG_1890_201901152145059c7.jpg

水利看板。

IMG_1891.jpg

昔の建屋から外したんでしょうか、年季の入った表札。

        IMG_1893_201901152145061ff.jpg

残念ながら公園閉められたら大変なのでさっさと撤退。でもネットで検索
したら取水堰堤まで行ける様なのでいつの日にか出掛けてみたいものです。

大里発電所復活の記事(全国小水力利用推進協議会様のページ)。
http://j-water.org/news1/%E8%B1%AA%E9%9B%A8%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%80%80%E9%96%A2%E9%9B%BB%E5%B0%8F%E6%B0%B4%E5%8A%9B%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%80%81%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E6%80%9D%E3%81%84/

播磨電化工業(株) 宮野第一発電所 遺構

2019.1.8 見学

兵庫県神河町にあったというこの物件、過去2回程探しに行ったは
かすりもしなかったのですが小田原川にあると思い込んでいたのが
間違いで小田原川に合流する支流にあると登山関係の記事を発見、
見に行ってきました。

舗装も切れた道を進むとこんな感じで。これでも県道8号線らしい。

IMG_1950_20190109202625bb7.jpg

ネットで見たのと看板は変わってますが看板自体は健在です。

IMG_1952.jpg

で、これが発電所建屋があったであろう場所。まあ昭和4年廃止なので
すっかり林になってますが石積みの存在でまあこの辺か、と。

IMG_1954_20190109202627bee.jpg

サムネイルでは見えないだろうなあ、僅かながらも痕跡は残ってます。

IMG_1959_201901092026282a0.jpg

水際から石積みを。放流口は見付けられませんでしたが下段も石積みに
なってたのでそちらに何かあるかも。

        IMG_1960.jpg

上流側も特に何も無く。

IMG_1961_20190109202629eee.jpg

これが水車からの放流口かな、穴はありましたが行先は不明。

        IMG_1968_201901092040172c7.jpg

こっちがたぶん最大の痕跡でしょうか。

        IMG_1970_2019010920401772b.jpg

ちょいと場所がずれている様子はありますがサドル。

        IMG_1983.jpg

しばらくこんな感じで微妙な痕跡を辿ります。

        IMG_1984.jpg

左のがサドル。右上に向いてへこんでる部分が登っていきます。

IMG_1988_20190109204020030.jpg

        IMG_1993.jpg

        IMG_2010_2019010921145718c.jpg

この辺から様子が変わってきます。サドルが斜めに2個あるような。

IMG_2012_201901092114580e9.jpg

こんな高いのもありました。

        IMG_2017_2019010921145911f.jpg

ここは切り通しか。

        IMG_2028.jpg

けっこう進んでるんですがまだまだ続いてます。傾斜も強くて止めときゃ
よかったと思いつつも戻るのも大変なので進むといういつものパターン。

        IMG_2031_201901092115016eb.jpg

ここから向きが左に変わりました。

        IMG_2032_2019010921150189f.jpg

上の画像の辺りで右を見るとこんなのが埋まってました。陶管で継ぎ目が
見えてたので余水管だと思われます。ずらずらっと並んでたら判り易いん
ですがこの辺だけ。

IMG_2037_2019010921213813b.jpg

微妙な餌に釣られながら。

IMG_2045_20190109212139cf2.jpg

とりあえず第二目標。

IMG_2046.jpg

建屋方向に向かって左側から見ています。切り欠いてる部分が余水
越流部か、手前に先程の陶管につながりそうな入口がありました。

IMG_2049.jpg

鉄管がつながっていたであろうところ。

        IMG_2057_201901092121419e3.jpg

建屋方向に向かって右側から。切り欠きの様子が見えますでしょうか。

IMG_2059_2019010921214270d.jpg

鉄管呑み口部分が二重になってる理由は良く判りません。ゲートが
あったんだと思うのですがコンクリートには痕跡も無く。

IMG_2060_20190109213249ef3.jpg

右側の奥側に崩れた部分があったのでそこに水路がつながってたんでは
ないかと。

IMG_2063_201901092132509a1.jpg

鉄管が下ってたであろう方向。見ても良く判りませんがサドルを辿って
ここまできました。

IMG_2069_20190109213251b05.jpg

で、水路を辿ろうとしたんですが薮状態でしたので諦めました。

IMG_2078.jpg

反対向きがいかにも巡視路っぽかったので進みましたが結果的には
迷って迷って沢を転がり落ちました(笑)。

IMG_2079_20190109213252747.jpg

途中こんな陶管が出てきてこれも水路かと思いましたが詳細は不明。

IMG_2093_20190109213253680.jpg

ちなみにこんな杭が数個ありました。何のマークかご存知の方いらっしゃい
ましたらご教示願います。

        IMG_2100_20190109214409716.jpg

今回ここまで。で、帰り道見失いながら転がり落ちてきたのが建屋前の看板
の前。笑いました。貯水池も見に行こうと思っていたのですが3.5kmって書いて
あったんで見送りました。

で、役場の横の文化会館にある図書館で町史を調べてみましたらこの第一
発電所と同じ貯水池を水源として宮野地区小田原川沿いに宮野第二発電所
があったとの記述を発見。サドルが二つ並んでたのはそんでかと納得。

またそのうちに貯水池も見に行こうと思ってるのでその際にでもうろうろ
してみます。

廃止になった尾鷲三田火力発電所

2018.12.22 撮影

熊野古道センターに行くにあたって尾鷲と言えば三田発電所、見学出来
ないかなと調べてたらなんと12/19付けで廃止になったという情報が。

IMG_1947_20181231215752b25.jpg

残念ですが重油火力はさすがに厳しいんでしょうね。跡地については
バイオマス系で地元と協議中だとか。既に火は消えて久しいようですが
この姿が見られる時間は短いようです。たくさんの方が記憶だけでなく
記録に残して下さる事を祈りまして。

名塩ダム

2018.12.7 見学

実は先日西宮市水道局主催の丸山ダム、浄水場の見学会に参加したの
ですがその際管理物件に名塩ダムと言うのがあると聞きまして詳細を
聞こうと思いながら忘れてたんですがダム自体は地理院地図に載ってた
ので見てきました。直接現地までは車で行けなかったのですが手前の
グラウンド付近から歩いてやってきました。

IMG_1430_201812312034354c4.jpg

一応現役ではありますが水道用途としては常用されている雰囲気では
ありませんでした。

IMG_1433.jpg

クレストゲート装備です。

IMG_1436.jpg

取水、利水放流用らしきバルブ操作部。一応回らないようには
してありました。

IMG_1437_2018123120343717f.jpg

開放状態ですがクレストゲート。このゲートを閉じる運用をされていた
時期があったんでしょうね。

        IMG_1439.jpg

右岸側は土砂が流れ込んで自然に帰ろうとしております(笑)。

IMG_1440_20181231203438558.jpg

一応ねえ、チェーンも無く上がれるんですが階段が落ちたり手摺が
折れたりしてもおかしくない感じですので登ったかどうかはご想像に
お任せします。

IMG_1441_20181231204504f0a.jpg

かつては西宮市北部地区の水源であったんでしょうけど丸山ダムの
完成、県営水道からの供給に伴い実質水道水源としては使われて
いない様子でした。

        IMG_1451.jpg

下流側。左岸側から下りられるようになってたので後で降りてみます。

        IMG_1469_20181231204506fbb.jpg

        IMG_1473_20181231204506e06.jpg

堤高はブロック段数が見える範囲で7段くらいだったので15mは無い感じですね。

        IMG_1478.jpg

昔は管理所だったんでしょうね。一応今も入り口にあったグランドに給水
してるようです。

IMG_1479.jpg

たぶん私の知る範囲ではクレストゲート付きの物件で一番堤高の低い物件
です。

IMG_1483.jpg

IMG_1485.jpg

下流には住宅地がありますので治水能力に期待して残されているのだとは
思いますがそろそろ化粧直ししてやっても良い感じにはなってますね。

        IMG_1487.jpg

IMG_1508_20181231205514e7b.jpg

人知れず働いてるダムですが末永く働いてくれます事を祈りまして。
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ダム見学がきっかけで始めたブログですが車の話、パソコンの話など書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター