関西電力 千種発電所

2012.4.21 見学

関西電力の千種発電所です。

tigusa01

水圧鉄管は建屋の裏手に。

tigusa02

水路の途中にサイフォンがあるとの事で見に行きました。
上流側は鉄管で、

tigusa03

下流側上昇部はコンクリで巻いてあるようです。堰堤みたいですね。

tigusa04

取水堰堤。雪深いのか通路に屋根が付いてます。

tigusa05

上流から対岸に渡り、堰堤の下流の沈砂池へ。

tigusa06

手前が堰堤。この先右向きにトンネルに入ります。

関西電力 草木発電所

2012.4.21 見学

関西電力の草木発電所です。

kusaki01

裏手に水圧鉄管。

kusaki02

細い山道を登ってくると草木ダムがあります。上流側。

kusaki03

自由越流式ですが、越流してるところを見た事がありません。見たいなあ。

kusaki04

はじめて行った時は見落としたんですが、取水堰堤が別にあります。
草木ダムでコントロールした流量を下流で取水する、という事のようです。

kusaki05

沈砂池。

kusaki06

この先はトンネルで山を突き抜けてるようです。

青野ダム

2012.8.21 見学

兵庫県の青野ダムです。

aono01

夏休み期間中、下流公園を開放していました。
少し前にも来たのですが、このフェンスが邪魔、という事で
脚立を担いで参りました。

いわゆる天端、なのですが。

aono02

ゲートを過ぎて対岸へやってきました。

aono03

提高がそれほど高くないのであまり怖いと言う感じはしませんが、
それでも落ちたら大怪我します。
魚道があり、その観察室がこの下流公園にあります。

ちょうど真ん中あたり、副ダムの先に魚道の出口があります。

aono04

魚道の入り口、と言うと変ですが、隠れた自慢、
エレベータ式魚道の入り口、と言うかリフト部分です。

aono05

大きさの割りに、いろんな種類のゲートがあったり楽しいダムです。
でも、下流から見れないと楽しさ半減、夏休み期間中をお勧めします。

こちらのダムカード、管理所と記念館で配布しているのですが、
発行日の違うものを頂けるようです。両方行くと吉かと。

千苅ダム

ダムの画像が途切れてますのでちょこっと。

神戸市の水源池、千苅ダムです。
何度か行っていますので日にち違いでどうぞ。

2011.2.21
sengari01
カメラはkiss X4 キットの18-55mm 風景モードで。

2011.4.21
sengari02
こちらもカメラはkiss X4 キットの18-55mm 風景モードで。

2012.2.14
sengari03
カメラは5D2 タムロンA09 新しいカメラ購入記念に、と行きましたがあいにくの雨で。

2012.4.12
sengari04
千苅さくら祭りの日に行きましたが放流多すぎ。
こちらもカメラは5D2 タムロンA09

2012.11.30
sengari05
つい最近です。こちらもカメラは5D2 タムロンA09
だんだん下手になってきてます。困った事です。

別府電化農業協同組合発電所 その2

別府電化農業協同組合発電所つづき
上部水槽から振り返って上流側。ほぼ開渠です。

beppu07

堰堤に参ります。上流側。

beppu08

下流側。手前の水路がそのまま導水路になります。

beppu09

そしてちょっと下流に沈砂池

beppu10

小さな発電所ですが、末永く頑張って頂きたいです。

別府電化農業協同組合発電所

2012.12.07 見学

鳥取県鳥取市用瀬町別府にある別府電化農業協同組合発電所です。
なんとも変わった建物。水車に特徴があるそうで。

beppu01

建屋の反対、いわゆる上部水槽?スロープみたいなのが余水路になります。

beppu02

そっちの方から。

beppu03

上部水槽上流側から。

beppu04

そして今回も管理者の方と偶然お会いしまして、中を見せて頂ける事に。
いわゆる煙突の右側。青いのが水車。

beppu05

左側。左奥に見えるのが管理者の方の一押し、当時物の発電機です。

beppu06

横軸二輪単流露出フランシス水車と言うかなり珍しい水車を使っておられるようです。

堰堤は続きで。

たまたまやってきましたあやしい私に帰りかけの所わざわざ中を見学させて
頂きました管理者様、本当にありがとうございました。

西粟倉村営 西粟倉発電所 その2

西粟倉発電所です。新しく出来た鳥取道が屋根みたいになってます。

nisiawakura07

一応、正面。この写真、実は堰堤行く前に撮ってたんですが
その時中に職員の方がいらっしゃったのは気付いてたんですが
邪魔をしてはいけないね、と思い堰堤に向かいました。
堰堤見学してる間に職員の方も堰堤にいらして、
先程ご挨拶してたご主人ともお話しているうちに
思いがけず発電所の中を拝見させていただける事に。

nisiawakura08

裏の水圧鉄管。フェンスはありませんが一応敷地内ですので
見学の際は配慮下さい。

nisiawakura09

いよいよ中へ。

nisiawakura10

ナマ水車です。

nisiawakura11

中の写真は載せない方が良いかな、とも思いましたが、
窓から丸見えなので良いかな、と。

先程堰堤でお話しさせて頂いたご主人は水路トンネルの工事に
かかわった方だそうで、その頃のお話を聞かせて頂きました。
また、管理者の方からは徒歩でトンネルを点検する話や、
水力発電所を管理する側から見た裏話をいろいろ聞かせて頂きました。

このブログは始めたばかりで見る人も少ないですが、
いつか地元の方の目に止まって自分たちの村にはこんなに
すごいものがあるんだぞ、と誇りを持って頂ければいいな、と思います。

最後に、お世話になりました皆様、ありがとうございました。
春になったらまた見に行きたい発電所でした。

西粟倉村営 西粟倉発電所

2012.12.07 見学

兵庫の途中ですが先日思いがけず発電所内を
見学させて頂きましたので先に掲載。
西粟倉村営の西粟倉発電所です。

まずは吉野川の取水堰堤から。民家の裏で場所が判らず
表にいらっしゃったご主人に尋ねるとこの裏だと。

nisiawakura01

堰堤の手前の沈砂池から。その先が堰堤。
水が流れ出てる右が取水口になります。

nisiawakura02

沈砂池を過ぎると有蓋水路が道になってたんですね。
ここを歩いてきました。

nisiawakura03

先は道路で、そこに水路が仕込まれています。
すぐ先に大海里川の取水堰堤があり、道の下で合流しています。
沈砂池も兼ねていて、排砂ゲートが川に面して設置されています。

nisiawakura04

その上流に堰堤。右に流れ込み、道の下へ。

nisiawakura05

制水門とスクリーン。

nisiawakura06

工場の下を水路が通っているようでした。

この先トンネル2本ほど通って発電所に行くそうです。
発電所へ続く。

注)この堰堤は集落の中にあります。先にも書いたように
民家の裏に入り込むような形になりますので
見学される方はくれぐれも住民の方への配慮をお願いします。
ひと声ご挨拶をお願いします。

関西電力 横行発電所

2012.6.30 見学

神鍋高原を離れ関西電力の横行発電所に向かいました。

yokoyuki01

建屋のアップ。

yokoyuki02

水圧鉄管撮りたかったんですがもやってるのと木が邪魔でどうにもならず。

取水堰堤を探しますが見当たりません。道を2,3回往復してやっと発見。

yokoyuki03

吊橋で対岸に渡るようになってるんですが入れて頂けません。森の中を進みます。

yokoyuki04

沈砂池。

yokoyuki05

見たかったのは。

yokoyuki06

もうすっかり暗くなってしまいました。この日はこれで終了。

関西電力 岩中発電所

2012.6.30 見学

関西電力の岩中発電所の取水堰堤です。名前書いてあったと思ったんですが見当たりません。

iwanaka01

アップ。

iwanaka02

沈砂池。こちらも止まってるようでからっぽでした。

iwanaka03

岩中発電所。

iwanaka04

低落差大水量型のようです。二股に分かれた鉄管がたまりません。

iwanaka05

取水堰堤の水量見てると発電するだけの水を確保出来なかったのかな、と思われます。

関西電力 阿瀬発電所

2012.6.30 見学

関西電力の阿瀬発電所です。阿瀬渓谷という景勝地の入り口にあります。

aze01

またも門扉の間から。

aze02

水圧鉄管。

aze03

角度を変えて。

aze04

車で入れるのはこのすぐ先までで、取水の若林取水ダム、阿瀬取水ダムには歩いていかなければなりません。
行こうと思ってたんですが、今年は間に合いませんでしたので来年の課題にしたいと思います。

関西電力 石井発電所

2012.6.30 見学

国道9号から村岡トンネルを経由して神鍋高原へやってきました。関西電力の石井発電所の取水、
名色取水ダムです。ゴム引き布袋堰堤。

isii01

上流側から。

isii02

すぐ横に沈砂池があります。

isii03

石井発電所。

isii04

門扉の間から覗き見。

isii05

メンテ中だったのか送水は止まってました。いよいよ夏季節電期間を前に手入れ中だったのでしょうか。

関西電力 岸田川発電所 その2

上部水槽からサージタンクまで有蓋水路が道代わりに続いています。

kisidagawa07

そしてサージタンク。

kisidagawa08

水圧鉄管と余水路。先程の道路が見えています。

kisidagawa09

ずっと上流まで上ってきました。途中、渓流取水ありそうな感じだったんですが
伸び盛りの草が一杯で省略。

kisidagawa10

その上流に堰堤。

kisidagawa11

位置関係が判りにくいですが連絡橋の先に堰堤。

kisidagawa12

連絡橋の先には建屋があり、多分その向こうは有蓋水路になってるようです。

次回、神鍋高原に向かいます。

関西電力 岸田川発電所

2012.6.30 見学

関西電力の岸田川発電所です。

kisidagawa01

建屋。

kisidagawa02

脇から水圧鉄管。

kisidagawa03

ここの発電所、ネット上でサージタンクらしい画像を見た事があったので上に行く道を探していると、

kisidagawa04

上りきると広い道に出て道を跨ぐ水路橋。

kisidagawa05

上部水槽にやってきました。

kisidagawa06

続く。

関西電力 矢田川発電所と入江ダム

2012.6.30 見学

兵庫県の水力発電所シリーズ。

美方郡香美町にあります関西電力 矢田川発電所。電線が邪魔ですがご容赦を。

yatakawa01

湯舟川にある入江ダム。

irie01

上流側から。クレストゲートの右側が取水設備となります。

irie02

発電所までの間導水トンネルですが渓流取水がありそうな雰囲気ですが見に行けてません。
ダム湖に注水口らしきものがあり、山向こうの矢田川本流より導水されています。

矢田川の堰堤。

irie03

下流側から。

irie04

次回岸田川発電所。

世木ダムと新庄発電所

2012.10.28 見学

日吉ダムまで来たらやっぱり世木ダムも見なきゃ、と言う事でやってきました。

sagi01

日吉ダムよりずいぶん先輩らしいです。

segi02

発電用の水を貯めるダムなのでゲートを外した状態で働けるようです。

segi03

そして左岸にある取水設備。ここから水路トンネルで上部水槽まで行ってるようです

segi04

そして新庄発電所にやってきました。

sinjou01

脇に林道があって上部水槽に行けそうですがチェーンが掛けてあるので控えます。
建屋裏の水圧鉄管をちらり。

sinjou02

世木ダムは天端が散策路として開放されていますので階段が大丈夫な方なら
風格あるダムを味わう事が出来ます。

日吉ダムその2

つづき。

そして提体内を回って提体直下へ。さっき通った通路があんなに高いです。

hiyosi07

管理用電源の発電所。中も見たかったなあ。

hiyosi08

監査廊に戻ってコンジットゲート。ガラス越しでしたら普段も見る事ができますが、生は見学会だけ。

駆動用油圧シリンダー。

hiyosi09

シャフトがゲートを押したり引いたり。

hiyosi10

そして扉体。

hiyosi11

インフォギャラリーに出て、前日から公開されていた日本一周ダム写真展見学しながら受付のテントへ。

hiyosi12

天気が悪かったのが残念ですが、楽しい時間を過ごす事ができました。同じグループになった
子供さんを連れたご夫婦の会話を聞いていると毎年この見学会に参加されている様子。
地域に開かれたダム、が実践されているようです。

最後に、ご案内頂きました管理所の皆様、ありがとうございました。

日吉ダム

2012.10.28 見学

京都府の日吉ダムです。ひよし水の杜フェスタ2012と言うイベントの中で、
日吉ダム探検ツアーが実施されました。

hiyosi01

あいにくの雨ですが。普段から見学できるインフォギャラリーを出た所で受付。

hiyosi02

エレベーターで天端まで上り、選択取水設備を見学します。(画像はダム便覧に投稿したものと同じものです)

hiyosi03

こんなごっつい巻上げ機が。

hiyosi04

そしてお楽しみ、クレストゲート。天端から見える通路、通ってみたかったんですよね。

hiyosi05

クレストゲートがこんな風に。

hiyosi06

続く。

神谷ダム

2011.5.9 見学

兵庫県姫路市郊外にある神谷ダムです。
このダム、水道用水を貯めているのですが、市川の水を船津浄水場から
揚水して貯めておく、と言う変わったダムです。

上り口。
この先で車は通行止めにしてありました。

kotani01

他に上り口は無いか、ダム直下には行けないかとうろうろ。

kotani02

諦めて先程の上り口から歩いて上ります。
某遊園地の観覧車が。

kotani03

もうちょっと。

kotani04

上ってきたので右岸側にある洪水吐き。

kotani05

その先は

kotani06

管理所。無人です。

kotani07

ダム湖側から

kotani08

取水設備。揚水された水もこの下から出てくるのでしょうか。

kotani09

もともと神谷池と言う池があったそうなのですが、そこにダムを作って容量アップしたものらしいです。
普段何気なく使っている水ですが、その影にはいろんな人の努力があるんですね。

川下川ダム

2012.2.14 見学

兵庫県宝塚市の水源、川下川ダムです。

kawasimokawa01


このダム、どうも上手く撮り難い上にこの近辺新名神高速のコースになっててガードマンが一杯、
車止めるのも躊躇するくらいです。

このダム、実は渓流取水が3ヶ所あるらしいので探してみました。

立合新田渓流取水口

tatiaisinden01

長尾山渓流取水口

nagaoyama01

切畑渓流取水口

kirihata01

切畑渓流取水沈砂池

kirihata02

立合新田と長尾山は沈砂池があるらしいのですがフェンスの向こう、川向こうで撮れませんでした。
切畑とほぼ同じ大きさのものがあるようです。

これらからの導水路はトンネルらしいのですが、経路が載ってる地図を発見出来ておりません。
ご存知の方いらっしゃいましたらご教示お願いします。

関西電力 南小田第一発電所

2012.1.3 見学

先程端折りました南小田第一発電所です。

minamioda101

扉の隙間からアップ。

minamioda102

横に回ってみると水圧鉄管沿いに上れる様なので上ってみましたが。

minamioda103

鉄管一本分でギブアップ。

minamioda105

先が遠い遠い。

minamioda104

帰ってから地図で調べたら有効落差300m以上ありそうな感じです。
見学した直後は再チャレンジしようかと思っていましたが、最近は上から下るのもありかと思っています。
どっちにしても一人では厳しいです。

関西電力 南小田第二発電所

2012.1.3 見学

関西電力の南小田第二発電所です。

minamioda201

上流にある南小田第一発電所前の導水路です。一部だけ開渠になってました。

minamioda202

南小田第一発電所で使われた水は少し下流でこの導水路と合流し、第二発電所に向かっているようです。

minamioda203

さらに上流にさかのぼって沈砂池。沈砂池にしては細いような気もしますがゲートの明示にありましたので。

minamioda204

そして取水堰堤。

minamioda205

ダム見学でうろうろした際にはじめて見付けた発電所で、その後発電所見学を始めるきっかけとなった発電所です。こちらも小水力発電所に分類されるようです。

関西電力 羽束川発電所

2011.11.1 見学

関西電力の羽束川発電所です。いわゆる小水力発電と言われるものですが歴史ある施設のようです。
まずは取水堰堤。改修されたらしく今時のラバーダムになっています。

hatukagawaps01

続いて沈砂池
写真撮ってる私の後ろには有蓋水路が山に沿って続いています。

hatukagawaps02

すっと川下の発電所。こんな立派な看板出ています。
でも、最初は気が付かず通り過ぎてしまいましたが。
すぐ横に[発電所前]のバス停がありました。

hatukagawaps03

発電所建屋。水圧鉄管は建屋後ろに少し見えましたが管路全体を見渡せる場所は見付けられませんでした。

hatukagawaps04

小さな発電所ですが、長く稼動して頂きたいです。
今こそクリーンエネルギー。

安富ダム

2011.2.21 見学

ダム穴と呼ばれる洪水吐きが特徴的な兵庫県の安富ダムです。

yasutomi01

下流面から。

yasutomi02

下流には植栽でやすとみの文字が。

yasutomi03

初投稿です。迷いながらですがぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いします。
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ダム見学がきっかけで始めたブログですが車の話、パソコンの話など書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター