MIBOROダムサイドパーク

2012.11.4 見学

ひそかに作るんじゃなかった、と思っていた
PR施設のカテゴリ、ここに来て登場。
次はいつ出てこれるやら。

御母衣ダムの下流にあります
MIBOROダムサイドパーク、
御母衣電力館と荘川桜記念館からなります。

駐車場横で出迎えてくれるフランシス水車は
御母衣発電所で使われていた水車だそうで。
直径4mだそうで。

miborodsp01

建物入口側。まあ、下流側ですね。

miborodsp02

御母衣電力館では発電所関係の情報がいろいろと。
この模型が発電所の位置を教えてくれます。
おかげで洪水吐き関係がまったく分りませんが。

miborodsp03

ダム側に出てみます。あちこちに池があります。

miborodsp04

荘川桜記念館ではきれいな桜の写真が一杯。
プロの写真はきれいですね。今はどうか分りませんが
この時はポストカードも頂けました。今でも飾ってます。
御母衣ダムのダムカードもこちらで。記念館上の
休憩スペースには先達のダムマニアの写真が
飾られてたりしますのでご覧下さいませ。

御母衣ダム

2012.11.4 見学

御母衣ダム。九頭竜、手取と共に
民間企業には荷が重いという判断の元、
このダムの建設は電源開発の手に
委ねられました。幾多の問題を乗り越えながら
建設されたダムです。

上流側から。

miboro01

近寄って取水設備。

miboro02

取水塔への橋の根元にはゲートが。
非常用になるんでしょうか、洪水吐き
ゲートと思われます。水路は
露出してませんのでトンネル式でしょうか。

miboro03

で、いわゆるクレストが自由越流式。

miboro04

怖いですねえ、放流路。

miboro05

提体側から一連の設備を。手前の三角形の
コンクリート構造物は潅漑用の設備と
聞いたような気がします。

miboro06

フロート式のゲートだとか。
どんな動きするんでしょうか。

miboro07

下流側。国道のカーブから先は
入れませんのでこの程度ですいません。

miboro08

御母衣発電所は提体近くの地下に作られていて、
発電放流口はかなり下流の荒谷発電所の近くに
あるようですが見付ける事が出来ませんでした。
提体前面にあるのは御母衣電力所と看板に出ています。
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ダム見学がきっかけで始めたブログですが車の話、パソコンの話など書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター