下根来発電所遺構

2017.6.3 見学

下根来発電所取水堰堤遺構?
下根来発電所取水堰堤遺構

攻めあぐねておりました下根来発電所、mt.tellさんに場所を教えて
頂きながらやっぱり見付けられなかったので例のスタンフォード大学の
地図と航空写真で場所を特定の上挑戦。その際mt.tellさんには別に
水路橋が残ってるとの情報も頂戴致しまして。

やってきました発電所。ただ護岸改修で当時の様子は伺う事が出来ません。

IMG_6739_201706170657005d8.jpg

上陸しましたが建屋の遺構らしきものは特に無く。ちょっと凸凹してるのが
それっぽいかな。

IMG_6742_20170617065700654.jpg

山の方を見るとこちらにはサドルが残っております。

        IMG_6745.jpg

結構な急傾斜、どうやって登ろうかと思いながらも登っております。

IMG_6746.jpg

IMG_6751.jpg

少し傾斜が緩くなりましてそこにはひっそりと苔むしたサドル達が。

        IMG_6756_20170617065704095.jpg

        IMG_6761_20170617071238f32.jpg

また少し傾斜がきつくなり、

IMG_6766_20170617071239024.jpg

上部水槽とご対面。結局全周残ってるサドルは無かったので鉄管の
直径は判りませんでしたがそんなに太くはない感じでした。

IMG_6771_20170617071240f39.jpg

排砂口。ゲートは無くなってます。

IMG_6774_20170617071241458.jpg

導水路からの注水口。

IMG_6775_20170617071241d98.jpg

排砂口の部分を上から。

IMG_6776_20170617071242ac2.jpg

余水路を見下ろし。

IMG_6778_20170617072054162.jpg

急傾斜で沢に下ってるようです。

IMG_6781_20170617072055bc3.jpg

排砂口から注水口の間には越流堤。

IMG_6788_20170617072056b3f.jpg

水圧鉄管につながる部分。金物はすべて撤去されて残ってません。

IMG_6791_20170617072057e67.jpg

導水路は辿れないとの情報でしたが行けるところまで行ってみる。

IMG_6795_20170617072058faa.jpg

平場が無くなり高巻きしながら進むと谷底に水路橋か流された導水路か。

IMG_6802_20170617072059062.jpg

下って参りまして発電所を川向いから。ちなみに橋はありませんので川を
渡る必要があります。

IMG_6819.jpg

複数の水路橋があるという情報の下やって参りました一つ上流側の林道。
怪しい水路が見えてきました。

IMG_6823.jpg

水路橋自体は発見出来ないまま上流側対岸にも水路っぽいもの。

IMG_6829.jpg

崩れてるところもあり。

IMG_6833.jpg

どうもこれが水路橋の土台らしい。

        IMG_6835_201706170726523fd.jpg

土台の上を見るべく登っていきますとお隣に残ってる水路橋。

IMG_6842_201706170726531fb.jpg

プランター状態ですな。ちなみに先の方は落橋しております。

        IMG_6843_201706170735585f7.jpg

A型の橋脚、外れてるのもありますね。

IMG_6845_20170617073559271.jpg

先の土台の上にやってきました。

IMG_6853_20170617073559142.jpg

どうも上流側に取水があったようでそこからの導水路が合流していた
ようです。

IMG_6855.jpg

もう一つ上流側の林道を歩いて登っておりますとこちらにも
土台らしきもの。

IMG_6880.jpg

道の反対側の山にはこんなのが口を開けております。

IMG_6886.jpg

さらに登ったところにあったA型の橋脚らしきもの。でも水路橋はもっと下流の
筈なのに、と疑問が残ります。

        IMG_6894_20170617074309ae2.jpg

更に上流側、大きな砂防堰堤の堆砂面を超えてやって参りました沢。

IMG_6896.jpg

倒木に邪魔されて見え難いですが水路橋が隠れております。

IMG_6897.jpg

もう一つ上流側にも水路橋。

        IMG_6903.jpg

IMG_6905_20170617074312153.jpg

登ってみました。

IMG_6908_20170617074313955.jpg

苔むして良い感じです。

IMG_6913_20170617074957424.jpg

辿って行くと、

        IMG_6916_20170617074958edd.jpg

こんなの発見。でも傾斜がきつくなってるのでこの辺で撤退。

IMG_6919.jpg

取水付近沈砂池付近。ぱっと見何がなにやら判りませんね。

IMG_6930_2017061707495940b.jpg

取水堰堤は一応健在。

        IMG_6935_20170617075000e08.jpg

で、こちらがスタンフォード大学の地図から切抜き。もしかして間違ってた?
ううん、探しに行けるかなあ。

下根来発電所

一応これで終了。

車いじり 2017春

この春からの車いじり。

前回カップホルダーを着けたのですが出掛ける頻度が下がって必要性が
減ったのですっきりインパネ目指して純正の小物入れを頼んでヤフオクで
落としてもらいまして装着。汎用品だと木目パネルより出っ張っていて
オーディオの脱着式フェイスパネルが引っかかって脱着し難かったのが
解消されました。

        IMG_7180_201706170623529a4.jpg

当方結構車中泊するものでそろそろ加齢臭も漂い始めておりますので
においは無くしたいと簡易式オゾン脱臭機を購入。

IMG_7182.jpg

昔からこういう品はあったんですが遊びで買うにはちょっと高かったので
買わなかったんですがアマゾンで結構安かったので購入。

        IMG_7186.jpg

オゾンの脱臭効果はこの程度のものでもあるようです。ただ、常時装着して
いると当然乗車中にオゾンが生成されるんですがどうもこれが目に影響する
ようで30分もすると目がシバシバ。最初は眠気なんだと思ってたんですが
調べてみるとオゾンの副作用っぽい。なので常時装着はやめました。
短時間乗車時にちょこっと着けて走るような使い方に変えました。

清水の舞台から飛び降りて複雑骨折、とうとう新品購入。やっぱり新品は
綺麗ですねえ。

IMG_7191_20170617062356ec4.jpg

IMG_7192_20170617062357230.jpg

本体19.8万円で買ったのにヘッドライト二つで7万円超。なんとも複雑な
感じではあります。友人の「新品が出るだけましやん」という言葉で
自分を納得させております(笑)。
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ダム見学がきっかけで始めたブログですが車の話、パソコンの話など書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター